​都市雄classicS

​演出家小山都市雄が古典作品を上演するために作ったカンパニー。

元べろべろガンキュウ女主宰の演出家小山都市雄は、自分の書く戯曲に違和感を感じていました。確かに書きたいことを書いているが、自分は劇作家なのかと、答えは簡単でした。僕が演劇に身を投じるきっかけになったのはチェーホフの戯曲を読んだkらです。自分は戯曲という面でどうしてもチェーホフを超えられないと感じました。では、演出家の小山都市雄となるわけですが、僕の仕事は何だろうか。100年以上続いた作品の寿命を戯曲を上演し、更新することで作品の寿命を伸ばしていくことじゃないのかと。

これは僕がこれから積むキャリアの中で大事な芯になる決意です。

ライフワークとして古典の上演は規模がどうであろうが続けていくつもりです。

そのための名前でしかない。これは僕の独りよがりです。

都市雄classics

© 2023 by On The Stage. Proudly powered by Wix.com

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Google+ Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now